読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

桃色趣味日記

基本的に大人気なく色々語ります

妖怪ウォッチ 空飛ぶクジラとダブル世界の大冒険だニャン! 感想

感想 アニメ

この記事には「映画 妖怪ウォッチ 空飛ぶクジラとダブル世界の大冒険だニャン!」のネタバレが含まれます(そしてガバガバです)
ネタバレを見たくない人は回れ右プリーズ

  • まずはじめに
    実写要素もあると聞いてややいやーな予感もしていたけどそんな不安を吹き飛ばすくらいには面白かったんじゃないかぁと思う
    第一に実写パートのキャスティングが非実写系のモノを実写にした時にありがちな壊滅的なまでに演技力がないというのがなかったのは良かった
    どのキャラもキャストチョイスがぴったりだったと言っても良いのでは?
    アニメと実写の切り替えにもちゃんと意味があるのも安易な実写化にはなってない工夫としてはアリだと思います
    今回の映画は前前作や前作とは違い色々な意味でやや年長さん向け…?大人向けな感じがしたような?(描写とか服装とか)

  • キャラクターについて(人間編)
    ちょっと気持ち悪い話になるけど全体的に女性キャラのレベルが高かったと思うw(男性キャラのレベルが低い訳ではない)
    フミちゃんはもちろん、ケータママやカナミちゃん、そしてまさかまさかのイナホまで
    特にフミちゃんはこれでもかってくらいにはなんかこう…うん…気持ち悪い感想しか出てこない…w
    最初は藤崎詩織系かなー?と思ったけどなんかケータ君に対して脈あるかのような台詞は結構ドキッとする…正直アレは薄い本案件なのでは
    前作とは違い、イナホはちょい役ではあるんだけどキャスティングに関しては…
    私は良いと思う、つかフツーに美人さんだよねアレw
    男性キャラに関してはクマとかは実写にするならアレはアリだと思う
    その分カンチがアニメより幼くなってるように思えるけど
    エンマとぬらりひょんに関してはイケメンに変な台詞言わせて変なダンス踊らせたかっただけだろwと言うのが正直な感想

  • キャラクターについて(妖怪編)
    最近のゲームにありがちな安い人形的なポリゴンとかではなく、ちゃんと毛並みがあるように感じられるタイプだったのはホッとした
    ジバニャンは短毛だけどフサフサしてそうだしUSAピョンは宇宙服と顔の部分の質感はちゃんと違っていたしアンドロイド山田はいかにもなブリキの玩具感が出ていたのは流石
    逆に残念だと思ったのはコマ兄弟のまゆげの質感が炎っぽくないとこかなぁ

  • ストーリーについて
    ぶっちゃけストーリーに関しては特に深みがあるとかではなくガチガチの単純娯楽映画
    違う世界の子のやらかしをケータ達が体を張って止める
    そんな感じの物語です
    テーマは恐らく「何事も簡単に悲観せずにまずは挑戦して、頑張れ」とか「諦めるな!」とかそんなんかと
    なもんで、期待値を上げずに肩の力抜いて観るのオススメです
    とはいえ極端につまらないとかそんな事はないので
    どっちかと言うと実写の役者さんの寄行とかを観るべきかなぁと

  • カナミというキャラクターについて
    彼女については色々思う所はあるものの、あえてコメントするなら「某人に対するアンチテーゼ?」「ちょっとバレエの道に戻れないと判断するの早すぎるんじゃないの?」とかまぁ色々
    僕がこの映画を役者の寄行を楽しむうんぬん言った理由の一つ
    ただ、嫌いなキャラって訳ではないよ

  • アニメ世界と毛穴(実写)世界について
    アニメ世界だと出来る事が毛穴世界(劇中では実写世界の事をこう呼んでいる)だとほとんど通用しないのはややメタ的だが上手いと感じた
    ほとんどの他の実写化作品にはない工夫を見せつけられた感がある(実写化とは少し違うけど魔法にかけられて等を除けば)
    「実写化」という概念がこの映画ではギミックとして作用している

  • で、結局どうなの?
    妖怪ウォッチに少し興味がある、キャストさんが好きあるいは知ってる、実写化に抵抗がそこまでないって人に是非観てほしい映画だと思っている
    近年は実写化と出ただけで「地雷」とか「駄作」とか言われてしまうが(もちろん例外はあるのだが)原作者やそれに近い立ち位置の人間がガッツリ絡む事で、あるいは原作を理解している人が居る事でちゃんと良いものが仕上げられる事がわかったのは大きいのではないのだろうか?
    やや大げさではあるが今後アニメやマンガ等を実写化をする際にはこの映画を参考にしてほしいとまで思っている
    …まぁこの映画における「実写化」は上でも書いたけどあくまでギミックみたいなモノなので一概には参考に出来ないかもしれないけど