読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

桃色趣味日記

基本的に大人気なく色々語ります

映画妖怪ウォッチ エンマ大王と5つの物語だニャン! 感想

観てきた
結論から言うと「最高」とまではいかなかったけど「観てよかった」と思う
以下感想
フツーにネタバレ全開なのでまだ観てない人は見ちゃダメ




妖怪になったケータ編
個人的ベストがこの話
妖怪になったケータことフウ2が取り付いてしまった悩める少年ユウトの為に奮闘する話
ユウト少年がなんだかんだ両親が自分の事をわかっててくれた所はベタだったけど泣けてしまった
というか、フウ2のもう一つの能力何気に凄いなw
しかしL5作品で鉄骨はマズイですよデーモンオクレさん
それ負けフラグですよ
それにしても「ヒトから妖怪、妖怪からヒト」への円環は色々とアレだな…
闇が深まるというか

ジバニャンの華麗なる作戦
ジバロボブシが未来の世界で新米デザイナーとなったエミちゃんの為になんとか頑張ろうとして空回りするお話
けっこー期待してた割にはあまり乗り込めなかったのは多分エミちゃんの声のせいw
あとニャン達に怒ったあとに急に抱きついたのもちょっとよくわかんなかったっす
ちゃんと意味はあったけど
とりあえず今のエミちゃんはシェアルームしてるということはわかった
しかしヨツコシデパートどこかで見たことあるなぁ〜
ダンボール戦機Wに出てきたデパートみたいだ

コマさん 家に帰る
意外と5つの物語の中ではあまり面白く感じなかった話
エンマ大王がフツーに人さらいしてるからだろうか?
コマ三兄弟とコマ母ちゃんのほのぼのとドタバタ劇かと思ったら途中から怪獣映画が始まったのには面喰らったぞ
いくらシンゴジラが放映決定したからとはいえ(多分違う)
つか、コマ母ちゃん意外と動けるんだな
形も自在に変えられるとは
ぷにみたいな形してて意外と器用な事が出来るのね

USAピョンのメリークリスマス
サイズはともかくサンタクロースに尻尾みたいなのがあるのはちょっとなーw
話自体はいつものイナウサ話
違うのはクイズが無いところか
「かつてはサンタもUSAピョンと同じ事してた」っていう展開は良かったんだけどそろそろL5作品は病気の身内ネタを禁止した方が良いと思いました(こなみ)

妖怪ワールドへ行こう
楽しそうなタイトルとは裏腹におどろおどろしい感じのロゴなのにフフッと笑ってしまったのは多分僕だけでは無いはず
フユニャンが犬まろ猫きよ相手に健闘してたのを見ると「あ、そういえばコイツ強いんだっけ」と思ってしまったのはここだけの話
ぬらりひょんが大暴れして建物を破壊しまくってたシーンは真面目なのかそれともギャグなのか判断が付きにくかったぞ
この話のもう一人の主役みたいなエンマ大王に関しては良くも悪くも「あー、ディケイド以降の平成ライダーの映画みたいだなー」と思わざるをえない展開が多かったので特撮好きも観てみると良いと思います
具体的に言うと急に出てきて主役陣を喰う活躍をする所とか
他には艦これアニメをネタ的に楽しんでいた人も 最終回のアレのようなシーンが観れますよ
もひとつ特撮的な所と言えばエンマ大王召喚シーン
おそらくアレはウルトラタッチ意識してるのかも(大魔王シャザーンかもしんないけど)
最後、ぬらりひょんが現エンマ大王の考えを認めて改心するところはもーちょっとどうにかして欲しかったっす
どーしても唐突感が否めないというか…
ただ、ギャグは多分この話が一番キレッキレだった気がする
ヒキコウモリがフツーに門番に賄賂出すところとか
そしてまさかまさかのハナホ人オチ
まさか映画でもハナホ人をオチに使うとは…

面白さ的には「フウ2>vsぬらりひょん>USAピョンのメリクリ>ジバニャン奮闘記>コマさんの里帰り」と言ったところか